<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
やったぞー!!パンツ卒業〜\(~o~)/

おねしょ・・・


中には、おねしょがなかなか治らず苦戦している
お母さん方も多いかと思われます・・・


はい、ゆかっちもその一人。。。でした


どんちゃん(現在小学4年生)は、なかなか
夜尿が治らず、ずっと悩んでいたんです。
紙のパンツだって、なかなかサイズもなくなってくるし、
いつまでもこのままじゃ・・・って焦りもありますし。


色んな方法を試しましたが、結果はダメで、

どんちゃんに、おねしょについて話をし、
本人に認識させるようにしたんです。



長い月日をかけて、リピートのようにかつ、
いろいろな言い方で・・・


紙のパンツだと通気性わるいし、履き心地もわるい
あせもにもなりやすいよっという話も・・・。



すると、ある日の夜



布パンツはいて寝るよ



自分から言ってくれました\(~o~)/




若干の不安もあるだろうから、


洗濯かごと、着替え、布団のかえを近くにおいて、
もし、やっちゃったらここにかえがあるよ

かごに入れておけば洗濯するから


っと言って寝かせたんです。




その日から、おねしょしてません(*^^)v



ヤッター!(^▽^)!ヤッター


どんちゃん、よかったね♪
とってもうれしいどー\(~o~)/



| 育児 | comments(4) | trackbacks(0)
お母さんみたいな人になる
いよいよ春休みになりましたね


どんちゃんは、クラスの文集委員になったとのことで、
放課後に残っては編集をがんばっていました。

その文集ができたようで、持って帰ってきたんです。

仕事でクタクタだったので、いつもなら、あとで見てみよう〜
って思うんですが、手にとってみてみたんです。


すると・・・






ん??こりゃなんだ??


目次をみてみると・・・





はい、てらしあわせてみるよ


1、好きな歌  

三日月  絢香の歌だね☆



2、将来の夢 

母さんみたいな人になる



3、好きな食べ物 

くだもの



4、趣味・特技 

腕立て好転




5、宝物 

赤ちゃんの時から大切にしているぬいぐるみ



6、ひみつのこと 


部屋がちらかっている




将来の夢・・・


お母さんみたいな人になる



おもわず、いいのかーーーって思っちゃったよ


ご飯だって、手間かけてやってないし、
家に帰ってくれば、疲れた・・・ばっかし言ってるし・・・
ヤサグレだし・・・ (-。-)y-゜゜゜


なんだか、妙に申し訳なく思って、
なんだか、涙になりました。



手を抜く事がおおいのに、
いつも怒ってばっかしなのに・・・


そんなんでも、お母さんみたいになりたいっ
そう書いてくれたどんちゃん


本当にうれしくって久々のうれし泣きでした(;O;)


育児って、本当に気が休まる時がないし、大変だけど・・・
マニュアルがないから、時には息詰まって
どうしたらいいか分からなくって悩み苦しむ。

毎日なにか一つの事でも
子供と一緒に過ごす時間を作るように心がけているんですが

夕飯の買い物をしたり、作ったり

お風呂に一緒に入ったり

そんだけの事なんだけど、
そんだけで、精一杯な自分がいて・・・

もっと、子育てに目を向けなきゃいかんのかな〜って
すごく悩んだりもしたんだけど・・・


お母さんみたいな人になりたい


そう言ってもらえるって、最高の幸せだな〜って
心からおもいました。




手をぬいても、バァやジィに手助けしてもらいつつも、
子供たちの事を大切に思う気持ちはいつもあって
大事なんだよって事、わかっててくれたかな(#^.^#)
 

これからもわかっていてくれるかな・・・♪




どんちゃん、ありがとう \(~o~)/



部屋の片づけ、お掃除は、マメにやってね(^^♪



| 育児 | comments(8) | trackbacks(0)
目に・・・耳にした事で思う事。一歩下がって見直す時間・・・
今にはじまったことじゃないとは思いますが…

目や耳をおおいたくなるようなニュースや雑誌記事


子供と向き合えない親

良い悪いを判断出来ない子供

学級崩壊

教師や親のうつ病、モラル低下

子供をとりまく環境に関するクリティカルな問題。

比較しちゃいけない
【今】を【現実】をみなきゃいけないとは思いますが、
どうしても自分が子供の時の事を思い出してしまいます。


私が知らなかっただけなのかな…

昔も、こんな事があったのかな…


実際、色々な所から、理不尽とも思える事や、
憤りを感じる事を、目や耳にインプットされると、
本当に不安になりますよね。


同年代の子供を持つママさん同士での
世間話の中でも、必ずといっていいほど、
こういった話が話題になります。

中には、 精神的不安定に陥るケースも
珍しい事ではないです。


こんな不安定な環境が良い訳ない!

皆が、まいっちゃう



それに負けないように、

強くなりなさい!

そう言わざるをえないって悲しい事じゃないですか…

でも、強くなって!って言わなきゃならない。


どうにか改善出来ないものか…

と、いつになく真剣に思うゆかっちなのです…。


きっと、1人1人が、真剣に思う気持ちがあれば…

子供達と真っ正面から向き合えれば…


変わってゆけるはず。


理想はいくらでも語れるけど、
実際に【生活】をしている訳ですから、
生活におわれて、なかなか難しいかもしれない。

しかし

真剣に思い、改善策としてまず
自ら出来る事をはじめるっていうのは
プラスになるんじゃないかと。


まず、大人達が変わらなきゃ、
子供達の安定は望めない…そんな気がするんです。


うまく言えないけど、改めて思いましてね。


ふいに色々考え、見つめなおすことって
大切なのかもしれません。



なんだか、いつも以上に文章まとまらないけど・・・


真面目に考える事もあるのであります。





| 育児 | comments(2) | trackbacks(0)
| 1/23PAGES | >>