<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 ☆結婚式エピソード☆ タマサン&ちなこへの祝辞 
 いや〜ほんっと悩みました・・・
祝辞・・・どうしようか・・・っと・・・

どう表現し、まとめるか・・・

文才のないゆかっちは、
仕事や家事の合間に携帯片手に考えました。

考えすぎちゃって、そのまま(-_-)zzz
よくありました 爆

タマサンは、ユーモラスな一面がありながら、
真面目な所は、きっちりとしている。
様々な視点での考え方が出来、冷静な判断ができる。
 

ちなこは、何事にも一生懸命で真面目
責任感が強く、しっかりもの。
でも、どこかほっとけない可愛さがある。
 

何を話したらよいかしら・・・


色々悩んだ結果、


悩まずに、そのまま話せばいいか!!

当時を振り返ったり、現在の思いのまま文章にしてみました。
すると、思いのほか、なんだか
秘密エピソードみたいになって、これはいいんじゃな〜い♪
 

結果、ベースができました。


当日、前者の方が思いのほか言葉につまってしまうという
アクシデントが発生したので、文章をそのまま読まず、
ちょびっとだけアドリブを入れた事は、ここだけの話です。


さて・・・


一生懸命考えた文章はこれだーっ!!


只今ご紹介にあずかりました《ゆかっち名字》と申します。
 
《タマサン本名》くん、《ちなこ本名》さん
ご結婚おめでとうございます。
 
ご両家、ご親族の皆様がたにおかれましても、
心よりお喜び申し上げます。


お二人とは、公私共に親しくさせていただいております。
誠に失礼ながら、普段の呼び名で呼ばせて頂きたいと思います。


お二人がお付き合いするキッカケの
ヒトコマに絡んでいる事から、
はい!、YES、うん、私に任せろ!の選択肢のない選択で、
スピーチしてほしいとのお話がありまして、
この場に立たせて頂きました。


約2年前でしょうか、
お二人が互いに想いを寄せて居ながら、
今一歩と言った時に、タマサンは、
 
ちなこ、まだ若いし俺的に付き合うっていう感覚と
ちなこが考えてる感覚のズレが生じてしまうとな〜
付き合うならやっぱ将来を考えた付き合いってのも考えるし。
俺、軽々しく考えられないからさ…
と、とても真剣にちなこの事を考えていたんです。
 
この言葉を聞いて、私は
 
何を悩む事があるの?
そんなに真剣に考えてるって事は、
ちなこの存在をちゃんと見てるって事じゃないのかい
タマサンの気持ちの中で、答えは出てると思うけど…
後は自分次第!
 
と言う会話をしたんです。
 
普段は、ユーモア抜群のタマサンだけど、

ちゃんと考えるべき事は真剣に考えているんですよね。
 
でも、ちなこがあまりにも若くて可愛い子ですから、
少々、おじけずいていたのかもしれません。

ゆかっちが散々、ちなこはイィ子だと言ったからー

なんて照れ隠ししたりもしますが…

確かに、ちなこはとても健気で、思いやりのある子です。

いつでも一生懸命で、
時には、無理しちゃってるんじゃないかな?って
心配しちゃうほど頑張りやさんですから
事実を述べたまでなんですがね。

まぁ結果的には、
知らないうちにお付き合いしてたようです。


それからのお二人は、互いが自然体で
お付き合いしていた様に感じましたし、
この2人なら一生涯、手と手をとりあい添い遂げられるなぁ
そんな風に思っておりました。
 
今日、こうして盛大に門出を祝える喜びは、
何事にも変えられない幸せです。
 
どうか、これからも
末永く日々、笑顔で過ごしていっていただけたらと思います。


プチエピソードも添えての
私からのお祝いの言葉とさせていただきます。


┏○ペコ


なかなかよく考えたでそ?がんばったでそ?


スピーチって、
相手に対して思うことを文章にしてみればいいんだ☆
相手にメッセージを伝えるそんな気持ちで考えればいいんだな
って思いました。

主の要点をエピソードとして話し、
あとはザックリとまとめる的なね d(≧ε≦o)ノ゛))
 

せっかくの祝いの席ですから、
心にも残してもらえるようなヒトコマになれば・・・

 (*^▽^)〜♪


なにせ、初の祝辞という大役を任され、
あまり上手ではなかったと思いますが・・・(・_・;)

┏○ペコ  汗


私の精いっぱいのおめでとうをこめました。




| 日常 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://yukapon0122.jugem.jp/trackback/1651